ふくらはぎを引き締める方法

ふくらはぎが太くてミニスカートやショートパンツを履けない・・・

女性は特に、スラっと伸びた細くて長い足に憧れるものです。

 

足には太もも、ふくらはぎ、足首などのように名前が付いていますが、その中でも目を引くのがふくらはぎではないでしょうか。

 

いくら細い足でも、ふくらはぎがたるんでいては美しい足には見えません。

 

ふくらはぎは「第二の心臓」と呼ばれており、心臓のように大切な役割を担っています。

 

ふくらはぎに付いている筋肉がポンプの役割をして、血液を上半身へ送っていく働きをしています。

 

筋肉が弱っていたりするとうまく機能しなくなります。

 

血流が悪くなり、老廃物が足に溜まるので、足がむくむ原因となります。
よってふくらはぎの筋肉をやわらかくしておくとうまく働いて、むくみを解消することにつながります。

 

ふくらはぎを引き締めることにもなるのでスラっとした美脚を目指すこともできます。

 

 

ふくらはぎのむくみをとることは、疲れを解消する意味でも非常に効果的です。

 

むくみをとるために日常的に気をつけるべき点はいくつかあります。

 

まずお風呂にきちんと浸かるようにし、水分補給をしっかり行います。
体内の代謝を活発にするためには、意識して適切なタイミングで水分をとることを心がけましょう。
水分補給はタイミングによってはむくみを加速させてしまう恐れもあるので注意が必要です。

 

また体全体を温めておくことも大切です。
体を温めるような根菜類などを食事に取り入れるなどの工夫が必要です。

 

これらのことを行うだけでも、日ごろの生活リズムや食生活を見直すことになると思います。

 

さらにヒールの靴やサイズの合っていない靴を履いていると足を圧迫するので血流が悪くなってしまうのでやめましょう。

 

さらに日常生活に加えて、毎日ウォーキングやエクササイズができるとより効果的です。
毎日続けることができるような工夫をしてみると良いかもしれません。

 

 

以上のようなことに気をつけながら、引き締まった美しいふくらはぎを維持するように心がけましょう。